パーマリンクを英語に翻訳してくれる「Simple Slug Translate

パーマリンクを英語に翻訳してくれる「Simple Slug Translate

SEO対策としてぜひ入れておきたいプラグインですね♪

Simple Slug Translateの説明はこちら

API keyの取得方法

Simple Slug Translate」のプラグインを使用する際に必要となる

API keyの取得方法をこちらに記載しますね♪

IBM Cloudの登録方法

まず、IBM Cloudのサイトを開きます。

右上の青くなっているsign-in/log-inをクリック

・メールアドレス

・名前

・苗字

・国(Japanを選択)

・パスワード(英数込みの8〜16文字以内)

メールで製品やサービスの情報が必要であれば□にチェックマーク

青い Create Account をクリック

メールが届きますので、届いたメールから青いCreate Accountをクリック

IBMidはメールアドレス

パスワードは先ほど入力したものを入れてください。

これでIBM Cloud Liteの登録が完了しました。

Watson Language Translator の API key を取得方法

では、Watson Language Translator の API key を取得しましょう!

サイト内で 「Watson Language Translator」と検索しても

私は見つかりませんでしたので

Googleで普通に検索しました!

この一番上の

Watson Language Translator サービスーIBM をクリック

IBM Cloudのライトアカウント登録をクリック

その中からlanguage Translatorをクリック

地域とプランが選べます。

地域は東京を選択

プランはライトを選択

右下に作成ボタンがありますので作成を押します。

(自動ログインできていない場合はログインしてくださいと表示されますのでログインして続行してください)

これで完了です!

お疲れ様でした!

あとは、左の三本線をクリックして

ダッシュボードからサービスを確認できます。

(私のはなぜか、地域ダラスになってますが問題なさそうです。)

Language Translator-dr 

をクリックすると、API Keyがゲットできます!

これを設定のSimple Slug Translateに貼り付ければ完成!

パーマリンクが勝手に英語になります!

これでパーマリンクのSEO対策はバッチリですね♪

WordPressの関連記事
  • IBM Cloud Liteに登録し、Watson Language Translator の API key を取得する方法
  • 記事を更新してもタイトルがグーグルに認知されないのはなぜ!?
  • DiverがSEO対策に強いのはなぜ?違いや広告設定など徹底解説!!
  • ASPの広告元がどのサイトか調べるにはカーソルを合わせるだけ!?
  • グーグルサーチコンソールでURLがプロパティ内にありません/内部エラーと表示される時の解決法や所有権確認方法
  • 【WordPressエラー対処法】ページが見つかりません。上書きインストールなどサイトが消えた時の対処方法
おすすめの記事