【要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。
収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。】
とある日突然エラー警告が表示されてどういうこと!?
となりました。
ad.txtファイルってどうやって作るの!?
ドメインのルートレベルでホストってなに!?
となった時のロリポップの対処方法を記載します!

要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイト

ある日、グーグルアドセンスのサイトに

こちらの警告エラーが表示されるようになりました。

これが表示されているとなにやら

質の悪い広告が流れてきて

収入になりにくくなりますよとのこと。

なんだこれと思ってエラーの出ているサイトを

自分でアドセンスの広告を試しにクリックをしてみて確認したけど

反映されなくなっていました、、、、

これはまずい!と思って

早速対応していきます!

ad.txtファイルの作り方

Windowsの人はテキストファイルが使えるので

メモから作成できますが、Macの人はLaunchpadのその他の

テキストエディタから作成できます。

が!

ロリポップ!のユーザーはもっと簡単に作成できます。

ロリポップにログインして

ロリポップ専用ユーザーページを開きます。

左のサイドバーの

サーバーの管理設定の

ロリポップFTPを開きます

そしてエラーの出ているサイトのファイルを開きます。

ファイルを開いたら

新規作成のボタンをクリック!

こちらですね!

そしてここにads.txtファイルを作成します。

ここに下記の文字を入力します。
google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0
pub-0000000000000000の番号は自分のアドセンスコードを
入力してくださいね!
アドセンスのコードの確認は
こちらのad-clientの後ろのコードです。

いつも自分が使っているアドセンスコードに記載されています!

ファイル名を「ads.txt」にして

文字コードがUTF-8にして保存すれば完了です!

このアップロード完了までのことが

ドメインのルートレベルでホスト

ということでした!

ads.txtの確認方法

https://------------.com(確認したいホームページ)/ads.txt

と入力して下記のように

自分の入力した文字が反映されていれば

大丈夫です!

まとめ

警告エラーの対処の方法としては、

ads.txtファイルの作成

→アップロード

で完了なのですが

専門用語が多くてわかりづらいですよね、

なかなか理解できなかったので

自分でまとめて調べてみました!

関連キーワード
WordPressの関連記事
  • IBM Cloud Liteに登録し、Watson Language Translator の API key を取得する方法
  • 記事を更新してもタイトルがグーグルに認知されないのはなぜ!?
  • DiverがSEO対策に強いのはなぜ?違いや広告設定など徹底解説!!
  • ASPの広告元がどのサイトか調べるにはカーソルを合わせるだけ!?
  • グーグルサーチコンソールでURLがプロパティ内にありません/内部エラーと表示される時の解決法や所有権確認方法
  • 【WordPressエラー対処法】ページが見つかりません。上書きインストールなどサイトが消えた時の対処方法
おすすめの記事