震災時や地震が多い日本。
非常用グッツを揃えておくのはもはや当たり前になってきています。
今回は、特に小さな赤ちゃんがいる人が
地震が起きた時に用意しておくと便利であったものを
リストアップしました。

基本の防災グッツ

 

あらかじめ用意しておくと便利なもの

震災が起きた時にこれがあれば最低限安心のものです。

赤ちゃんを守るためには

自分自身のことも守らなければなりません。

 

 

・水(1人2.3リットル)

・食料

 

水と食料は3日分が目安です。

カップヌードルやレトルトもあれば便利ですね。

 

カンパンやクッキー、缶詰などがオススメです。

 

缶詰は缶切りのいらないものにしましょう。

 

缶の野菜ジュースなどがあると手軽に栄養が取れますね!

 

水道が止まってしまうと、トイレも流れなくなるので

水はたくさん用意しておくと便利です。

 

 

しかし、避難する時に運ぶと邪魔になるので

その時は1リットルほどあるといいですね。

 

 

・保険証

・通帳やカード

 

 

いざ逃げる時にお金が下ろせなくて

困ることもあるのでカードは持っておきましょう。

 

・生理用品

・ウェットティッシュ

 

お風呂に入れない時に体をふけます。

ガスが止まった時にあると便利でした。

 

 

・ティッシュ

・薬(必要であれば)

・歯ブラシ

・消毒液や絆創膏

 

ケガの治療用に用意しておきましょう。

 

・ホイッスル

 

地震でドアが歪んで外に出られない時に

家の中に人がいることを知らせることができます。

 

・充電器と充電コード

電池タイプの充電器であれば

いつでも使うことができます。

 

緊急時に他の人と連絡が取れなくなると不便ですので

用意しておきましょう。

 

 

 

 

・コンロ

 

地震がおきた時にガスと電気が止まったことがあります。

ガスボンベのコンロがあれば

お湯を沸かしてカップ麺やスープを飲むことも

できますので、ガスコンロは自宅に用意しておくと便利です。

 

特に小さな赤ちゃんがいる場合、

ミルクを作るためにお湯は必要です。

 

地震などのストレスで母乳が出なくなったり

することもありますのでぜひ1つ家に

用意しておいてください。

 

 

家族用の防災セットも販売されています。

 


防災セット2人用はこちらをクリック 

赤ちゃん用防災グッズ

 

・母子手帳

お母さんに何かあった時にも役立ちます。

母子手帳はかならず持ち歩きましょう。

 

・抱っこ紐

 

赤ちゃんを抱えて逃げる時に必要です。

 

ベビーカーは地面がガタガタで使えなかったり

エレベーターが動いていないこともしばしば。

 

必ず抱っこ紐は持っていきましょう。

 

・オムツ

 

紙オムツが避難所で不足している話はよく聞きます。

多めに用意しておきましょう。

 

また、布オムツの用意があると、断水さえなければ

洗って使えるので便利です。

 

・おしりふき

お風呂に入れない時に体もふけます。

 

おしりふきはアルコールが入っていないので

ウェットティッシュとは別に用意しておきましょう。

 

・ミルク

キューブタイプやスティックタイプのものであれば

図る手間も省けますのでオススメです。

 

・紙コップ

衛生的にミルクを作るために必要です。

 

・使い捨て哺乳瓶

 

赤ちゃんの哺乳瓶を洗浄する場所がない

ガスが止まって洗えないなどの時に便利です。

 

 

 

 

・離乳食

年齢に合わせた離乳食が必要です。

 

 

・使い捨てスプーン

赤ちゃんに離乳食をあげる時に必要です。

 

・着替え

 

・ガーゼ

歯が生えた赤ちゃんの歯磨きにも使えます。

 

少し歯が生えているならば

歯ブラシを用意しておきましょう。

 

・おもちゃ

子供の機嫌が悪くなった時のために

いつも使用しているおもちゃを持っていけるのであれば

持っていきましょう。

 

ブランケット

授乳の時に隠すのにも、敷物にも使えます。

非難の場が寒かったりしても使用できます。

 

 

ちなみに最近は赤ちゃんを守るための

防災グッツがセットになって販売されています。

 

備えあれば憂いなしですね!

 

赤ちゃんを守る防災セットはこちらをクリック

 

 

あれば便利なものグッズ

 

スーパーの袋

 

オムツのゴミを捨てたり

何かと便利なのがスーパーの袋。

寒い時にそこを切ってかぶせてあげれば

カッパの代わりになり防寒効果もあります。

 

靴下の上から履かせてあげてもいいですね。

 

 

 

新聞

敷物として使ったり

オムツをくるんだり

火起こしにも。

 

 

マスク

 

避難所に行った場合、風邪などがうつりやすくなってしまいますので

自分を守るためにもマスクがあると便利です。

 

 

 

まとめ

 

つい小さな子供を守るために

自己犠牲をしてしまいがちですが

小さな赤ちゃんを守るために

自分も守らなければなりません。

 

自分も赤ちゃんも大切に

何かあった時の

リスクを下げるために

防災グッツはぜひ用意しておいてくださいね!

関連キーワード
便利情報の関連記事
  • 毛ジラミの卵の見分け方と殺し方.対処法!!1日でも早く治したい方必見!
  • 人身事故の復旧までの時間はどれくらい!?おすすめの対処法は!?
  • 高速道路で窓開けると違反なの!?高速での違反行為ってなに!?
  • リカちゃんメーカーが重い!!動かす方法は!?エマールとコラボしたの!?
  • エスグラフィックでtシャツをオーダーしてみた!!口コミまとめ
  • 人間関係の断捨離でママ友や職場の人と縁を切ると運気がアップする!?
おすすめの記事