ワードプレスのURLを変更してエラーが出てしまった時の対処方法を記載しています。
(使用しているのは、ロリポップのサーバーですが
他サーバーでも対処法は同じです。)

ワードプレスの設定URLをhttpからhttpsにした

httpをhttpsに変更したい!

と思ってワードプレスの設定で

URLを変更してしまったそこのあなた!

私もです!

仲間です!

だって、編集ページに

あるからちょっとくらい変更して

おかしくなったらなおせばいいや!

ってしてみたら、ログインページにも

入れなくなりません?笑

びっくりですよね!

これ編集しちゃだめみたいですね(学習)

そんなエラーで困っている場合の

対処方法がわかりましたので

記載しておきますね♪

ワードプレスのコードを編集する

普段利用している編集ページにすら入れない!

どうしよう!

って焦りますよね!

大丈夫です。

簡単に直すことができます!

まずロリポップのFTPファイルを開きます。

(自分の使用しているサーバーを開いてください)

ロリポップFTPファイルの開き方

ロリポップにログイン

→左サイドバーの独自ドメイン

→ロルポップFTPファイルを開きます

エラーが出てしまったフォルダの編集をします。

wp-config.phpのファイルを編集します。

wp-config.php

自分の使用しているドメインのフォルダの中に

wp-config.phpというフォルダがあります。

黒で丸をしてますが

もっともっと下に表示されているはずです!

その最後のぶぶにこの一文を加えるだけです!

define( 'WP_SITEURL', 'URL' );

実際のソースコードはこちらです。

自分のパソコンのテキストエディタなどで

同じ文面が出てくるはずです!

**
* 開発者へ: WordPress デバッグモード
*
* この値を true にすると、開発中に注意 (notice) を表示します。
* テーマおよびプラグインの開発者には、その開発環境においてこの WP_DEBUG を使用することを強く推奨します。
*
* その他のデバッグに利用できる定数については Codex をご覧ください。
*
* @link http://wpdocs.osdn.jp/WordPress%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0
*/
define('WP_DEBUG', false);
define( 'WP_SITEURL', 'http://ここにURL');

/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */

/** Absolute path to the WordPress directory. */
if (!defined('ABSPATH')) {
define('ABSPATH', dirname(__FILE__) . '/');
}

/** Sets up WordPress vars and included files. */
require_once(ABSPATH . 'wp-settings.php');

場所を間違えたり、

他のコードは絶対編集しないでくださいね!

ロリポップFTPのフォルダの編集方法

このロリポップFTPファイルは

直接は編集できないようにしています。

そのため一度wp-config.phpのファイルを

一度自分のパソコンにダウンロードして

テキストエディタで編集して保存

(Macの場合)

アップロードする前に一度前のwp-config.php

フォルダをゴミ箱に入れます。

そして、再びファイルをアップロードする必要があります。

手間はかかりますが

これでURLが戻ります!

まとめ

間違えて編集してしまっても

この方法で簡単にURLが戻り

ログイン画面に入ることができました!

とはいえ、できるかも?

と言った思い込みでパソコンを触るのは危険だということが

よくわかりました。笑

今後は、こんな無謀なチャレンジは

しないようにしたいと思います。

また行き詰まったら、更新しますね♪笑

 

httpとかhttpsってなに?

httpからhttpsになんで変更しないといけないの?
って思ったので、ものすごーく噛み砕いてみました!

まず、httpとかhttpsって何?

httpは  Hypertext Transfer Protocol
(ハイパーテキスト トランスファー プロトコル)
httpsは Hypertext Transfer Protocol Secure
(ハイパーテキスト トランスファー プロトコル セキュア)

は?ってなりますよね。

私は、なりました。笑

詳しく見ていきましょう♪

httpとhttpsの違い

Hypertext(ハイパーテキスト)の意味は
hyper「超える」 text「文書」

つまりテキストを超えるテキスト
関連のある文書にリンクしてある文書

クリックすると違うページに行くことができる
ってことですね。

transfer (トランスファー)は「転送」という英語ですね

まぁ送信してまっせってことですね。

Protocol (プロトコル)は 「条約」という意味があります。
つまり、通信するときのルールのことを言ってます。
簡単にいうと、
お手紙書くときには、封筒の表に住所、裏にあなたの住所書いてね。
みんなが好き勝手に住所書いちゃうとどこに送るかわからないよ〜って感じです。(※分かりやすく書いてます)

そして!
Secure(セキュア)は「安全」という意味ですね。
セキュリティがついてる安全なhttpってことですね。

つまり、httpは
リンクのある文書をルールに従って(サーバーなどに)転送してるよ
ってことですね。

そして、httpsは
安全にリンクのある文書をルールに従って(サーバーなどに)転送してるよ
ってことですね。

httpからhttpsなぜ変更するの?

httpからhttpsになんで変更しないといけないの?
→セキュリティの安全な方に変更した方がいいよ
っていうことですね。最もです。

(すでに http://は 安全じゃないみたいで

グーグルの検索などにひっかっからなく

なるんだとか。。。。)

httpsへの変更方法

https:// への変更方法は、まずロリポップで変更してから

ワードプレスで変更しました!

(他のサーバーはわかりません。。。。)

ロリポップのユーザー専用ページから

セキュリティー

→独自ドメインSSL証明書導入 をクリック

この独自SSL(無料)に

SSL有効にするにチェックを入れます!

一度有効にしたら無効に出来なさそうですね、、、、

(する必要がないのでしょうが)

この後にワードプレスの編集ページを開きます

設定

→一般 をクリックします

このhttp ://となっている部分2箇所を

https: // に変更します。

そして左下の変更を保存ボタンをクリックすれば完成です♪

これで安心ですね♪

関連キーワード
WordPressの関連記事
  • IBM Cloud Liteに登録し、Watson Language Translator の API key を取得する方法
  • 記事を更新してもタイトルがグーグルに認知されないのはなぜ!?
  • DiverがSEO対策に強いのはなぜ?違いや広告設定など徹底解説!!
  • ASPの広告元がどのサイトか調べるにはカーソルを合わせるだけ!?
  • グーグルサーチコンソールでURLがプロパティ内にありません/内部エラーと表示される時の解決法や所有権確認方法
  • 【WordPressエラー対処法】ページが見つかりません。上書きインストールなどサイトが消えた時の対処方法
おすすめの記事